ペットの病気

HOME > ペットの病気 (猫ちゃん) > 泌尿器症候群

泌尿器症候群

泌尿器症候群

多くの猫ちゃんがかかりやすい泌尿器の病気で、「猫泌尿器症候群(FUS)」とも呼ばれています。
腎臓から尿管、膀胱、尿道などに尿石ができる尿石症のほか、下部尿路、尿道がつまって排尿障害を起こす場合もあります。
比較的オス猫に多く発症し、そのままにしておくと、膀胱炎や腎臓炎、さらに尿毒症にまで至る危険があるため、早期治療が肝心です。
猫下部尿路疾患の中で、最もかかりやすいのが尿路に結石がたまる尿路結石症(尿石症)です。
毎日食べる食餌の内容や、飲む水の量などが関係しているといわれています。
さらに、寒すぎたり、運動不足でストレスがたまったり、太りすぎやトイレが汚れているためにトイレをしないことが続いたりといった、環境が原因となることもあります。
尿をもらしたり、頻繁にトイレに行って少しずつ排尿したりするようになります。
いつものトイレ行動と異なる様子が見られたら要注意です。
尿に血がまじって赤い色の尿(血尿)が出る、尿が出なくなるといった症状は、かなり危険な状態だといえます。
ほうっておくと、尿を出すのが痛いため猫ちゃんは尿を出さなくなり、膀胱に尿がたまってお腹が腫れたりもします。
急性の場合は、尿が出なくなり大変危険な状態となります。
治療尿検査をして尿の成分や結晶細菌の有無を調べ、下部泌尿器のどの部分がどのような状態になっているかにより、尿のPHを整える食事療法、感染防止の薬などで内科的に治療します。重症になった場合は、外科的手術をすることもあります。

前のページへ

ページのトップへ戻る

診療時間

月・火・木・金・土・日曜日
【午前】 9時〜 12時
【午後】 17時〜 20時30分

往診・手術時間 13時 〜16時まで
休診日・時間外も急患は随時受付いたします。まずはお電話ください。
ご相談やご予約等は診察時間内にお電話ください。

よくある質問 飼い主様の声 スタッフ紹介 ペットホテル&トリミング 求人案内 アニマルドッグ(定期健診)
アクセスマップを見る

〒514-0039 三重県津市押加部町11−3

  • 取り扱い保険はこちら
  • アニコム損害保険株式会社
  • ipet club
  • Allianz

三重県津市にあるルナ動物病院は、犬や猫はもちろん、フェレット、うさぎ、ハムスター、小鳥など、エキゾチックアニマルも診察できる病院です。伊勢市や松阪市からはもちろん、四日市市や鈴鹿市からの遠方の患者様も見えます。土曜、日曜日も夜の20時30分まで診察していますので、安心してご来院いただけます。〒514-0039 三重県津市押加部町11-3|059-222-5115