ペットの病気

HOME > ペットの病気 (猫ちゃん) > 慢性腎不全

慢性腎不全

慢性腎不全

血液をろ過していらないものを取り出し「おしっこ」をつくる大切な臓器、腎臓の機能が徐々に低下する慢性腎不全。
高齢の猫ちゃんでは死因の上位を占める怖い病気です。
発症のリスクは、おおよそ7〜8歳ごろから急速に高まるといわれています。
猫ちゃんは、その祖先が乾燥地帯で生活していたため、尿中に排泄される水分が少なくて済むように、濃縮された尿を排泄します。
その分、人間やワンちゃんに比べて腎臓を酷使させている動物なのです。
腎臓は正常な腎臓機能の75%が失われないと、症状が現れません。
逆に、症状が現れたころには腎臓がかなりダメージを受けている状態といえます。
肝臓と違って、腎臓には自己再生能力がありません。
壊れた腎臓は再び元気になることはないのです。
症状としては、多飲・多尿、食欲低下、毛ヅヤの悪化、嘔吐、元気消失、貧血などが現れます。
治療の大原則としては、完治が望めない病気だけに、病気の進行を少しでも遅らせることにあります。
病院に連れてこられた猫ちゃんの多くは脱水と、尿毒症のため非常に消耗した状態になっています。
また、重度の貧血を起こしている場合もあります。
初期の治療としては、点滴による脱水の改善、尿を作らせて尿毒素を排泄させます。
腎不全の進行度合いにより以下の治療を行っていきます。

1.腎不全用療法食の給餌
2.尿毒素吸着剤の投薬
3.皮下点滴による水分補給
4.血圧降下剤の使用
5.リン吸着剤の投薬
6.血液検査にて定期的な腎機能のチェック

適切なケアができれば、慢性腎不全の状態の猫ちゃんでも快適な生活を送らせることができます。

前のページへ

ページのトップへ戻る

診療時間

月・火・木・金・土・日曜日
【午前】 9時〜 12時
【午後】 17時〜 20時30分

往診・手術時間 13時 〜16時まで
休診日・時間外も急患は随時受付いたします。まずはお電話ください。
ご相談やご予約等は診察時間内にお電話ください。

よくある質問 飼い主様の声 スタッフ紹介 ペットホテル&トリミング 求人案内 アニマルドッグ(定期健診)
アクセスマップを見る

〒514-0039 三重県津市押加部町11−3

  • 取り扱い保険はこちら
  • アニコム損害保険株式会社
  • ipet club
  • Allianz

三重県津市にあるルナ動物病院は、犬や猫はもちろん、フェレット、うさぎ、ハムスター、小鳥など、エキゾチックアニマルも診察できる病院です。伊勢市や松阪市からはもちろん、四日市市や鈴鹿市からの遠方の患者様も見えます。土曜、日曜日も夜の20時30分まで診察していますので、安心してご来院いただけます。〒514-0039 三重県津市押加部町11-3|059-222-5115