ペットの病気

毛球症

毛球症について

毛球症

さぎさんは胃の解剖的構造により、嘔吐ができない動物です。それにもかかわらず、うさぎさんはきれい好きなので毛繕いします。春・秋の大換毛期には、相当量の体毛が抜け換わります。通常、便とともに排泄されます。
胃の中に毛玉が形成されるのは、なんらかの原因によって取り込む毛の量が多くなった場合、また胃腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下した場合などです。うさぎさんは嘔吐できないため、飼い主様の発見が遅れることが多々あります。はじめは食欲不振として現れることがほとんどですが、気づくのが遅ければ徐々に衰弱し、死亡することもあります。
診断は、症状や経過の問診、レントゲンやバリウム造影、触診で胃の中の内容物を確認できる場合もあります。
治療はまず内科療法から行います。脱水などの全身状態の悪化を改善するための皮下点滴、胃腸の運動を促進する薬物、毛球を胃から排泄させる毛球症治療ペースト、食欲刺激剤など積極的な治療を行います。軽症なものは3〜5日程度の内科療法で改善が見られますが、中には完全な閉塞によって、外科手術が必要になるケースもあります。歯科疾患とともに非常に多い病気ですので、日頃からの予防が最重要です。
日頃から牧草などの繊維が多い食事、毛球症治療ペーストを与え、適度な運動とまめなブラッシングを行うことがよい予防になります。

前のページへ

ページのトップへ戻る

診療時間

月・火・木・金・土・日曜日
【午前】 9時〜 12時
【午後】 17時〜 20時30分

往診・手術時間 13時 〜16時まで
休診日・時間外も急患は随時受付いたします。まずはお電話ください。
ご相談やご予約等は診察時間内にお電話ください。

よくある質問 飼い主様の声 スタッフ紹介 ペットホテル&トリミング 求人案内 アニマルドッグ(定期健診)
アクセスマップを見る

〒514-0039 三重県津市押加部町11−3

  • 取り扱い保険はこちら
  • アニコム損害保険株式会社
  • ipet club
  • Allianz

三重県津市にあるルナ動物病院は、犬や猫はもちろん、フェレット、うさぎ、ハムスター、小鳥など、エキゾチックアニマルも診察できる病院です。伊勢市や松阪市からはもちろん、四日市市や鈴鹿市からの遠方の患者様も見えます。土曜、日曜日も夜の20時30分まで診察していますので、安心してご来院いただけます。〒514-0039 三重県津市押加部町11-3|059-222-5115