ペットの病気

HOME > ペットの病気 (ワンちゃん) > 去勢手術について

去勢手術について

陰睾(いんこう)のワンちゃんについて

去勢手術について

男の子のワンちゃんの場合、生後30日前後で睾丸(こうがん)が陰嚢(いんのう)内に降りてきます。まれに外見上睾丸がひとつしか確認されない(片睾丸)またはふたつとも確認できない場合があります。
これは睾丸が陰嚢まで降りてきていない状態で、陰睾(いんこう)または停留睾丸(ていりゅうこうがん)と呼ばれます。遅くとも生後8ヶ月前後までに降りていない場合は、その後も降りる可能性が低いと考えられています。この降りてこない睾丸の腫瘍発生率は正常な睾丸の10倍以上といわれています。通常外に出ている睾丸の中の精巣は低めの温度を保ちますが、陰睾のワンちゃんの睾丸はお腹の中にあるため、それよりも高い温度状態にあります。

適した温度でない場所にあるため、精巣は徐々に変化し、セルトリ細胞種と呼ばれる腫瘍になる確率が上がります。また片睾丸で陰嚢の睾丸のみを摘出しても、体内に残った睾丸は温度が高いにもかかわらず精子が生き延びていて妊娠させる可能性があります。陰睾(いんこう)は遺伝してしまうため、残念ながら繁殖には適しません。なお、父親の陰睾が原因で陰睾以外の先天的な疾患を持って生まれてくることはありません。もしも、重大な先天性の病気をもって生まれてきたのならば、それは陰睾を伝えていく遺伝子のせいではなく別の理由からでしょう。

睾丸が停留している場所は様々で、鼠径部(おなかと足との境目)が最も多く、鼠径部にある場合は睾丸の付け根を触るとかすかに確認できるかもしれません。
通常の去勢手術は陰嚢を数cm前後切開し、睾丸のみを摘出します。陰睾(いんこう)の男の子の場合、睾丸がおなかの中にあるため、開腹手術が必要になります。

去勢手術についてよくあるお問い合わせ

Q:去勢手術は何歳から受けられますか?
A:生後6か月頃から受けていただけます。
麻酔を伴う手術のため、高齢になるほど、手術の負担が大きくなるのは確かです。
仮に高齢になって精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫などを発症し、手術が必要になった場合、病気のため体力が低下し、衰弱した状態での手術になるため、リスクは格段に上がります。
体重や健康状態によっては、延期または中止にさせていただく場合もありますので、一度ご来院ください。


Q:去勢手術をすると問題行動は無くなりますか?
A:残念ながら、完全になくなるとはいい切れません。
去勢手術を受けることによって雄性ホルモンがなくなり、階級意識も薄らぐので、むやみなマーキングや攻撃行動、人や物に対するマウンティング、女の子を求めての放浪・脱走など、一般に問題行動とよばれる行動が減少する効果も期待できます。
残念ながら、すべての問題行動が完全になくなるとはいい切れず、マーキングに関しては約60%、マウンティングに関しては約80%、放浪に関しては約90%のワンちゃんに関して有効といわれています。


Q:手術を受けると病気が予防できるって本当ですか?
A:精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫などの予防になります。
特に去勢手術を受けていないワンちゃんが高齢になると、前立腺肥大を発症する確率が高くなります。
前立腺肥大を患うと、尿道が狭くなりオシッコが出にくくなるため、膀胱炎が起こり、膀胱炎から腎臓炎が起こり、腎臓炎が進行して尿毒症を起こすと、嘔吐や下痢の症状が現れます。このような場合、かなり緊急に処置をしないと、致死率が非常に高くなります。進み方の早いものだと2週間以内に腎不全を起こし、命を落とす危険もあります。
また、5歳以上になるとホルモン性の高齢疾患にかかりやすくなりますが、その予防にも有効といわれています。


Q:手術の後、食事もできない位痛いと聞きましたが本当ですか?
A: 今は昔と違い、ワンちゃん達にも痛み止めのお薬があります。
個体差はありますが、手術が終わってお迎えに来ていただく際に、大抵の飼い主様はぐったりした我が子を想像して、お迎えにいらっしゃいます。診察室の扉が開いて、中からしっぽフリフリの元気な我が子をご覧になって“もっとしょんぼりしているかと思った!”とおっしゃいます。
当院では手術の前に“先制鎮痛”と呼ばれる痛み止めの注射を接種します(痛みを先にブロックしてくれる注射です)。もちろん、手術後に麻酔が醒めた後はお食事も食べていただけます。
手術に関してのご相談やご質問等がございましたらお答えいたしますので、一度ご来院ください。


Q:去勢手術ってどんな手術ですか?
A:睾丸のみを摘出する手術です。
去勢手術は全身麻酔により陰嚢を数cm切開し、睾丸のみを摘出する手術で、時間は約30分です。午前中の診察時間中にお連れいただいて、その日の夕方のお迎えに来ていただきます。ご希望であれば、数日間入院することも可能ですが、原則は日帰りの手術です。
お帰りはワンちゃん自身の足で歩いて帰っていただけます。


Q:病気じゃないのに手術なんて可哀想!
A:メリット・デメリットを含めてご判断ください。
“可愛い我が子の赤ちゃんを育てたい!”と交配を希望される方には無理におすすめいたしません。
ワンちゃん達は言葉が話せません。手術のことも理解できないと思います。飼い主様がワンちゃん達のことを考えて決断してくださるのが一番だと思います。
そのためにはいろいろな意見を参考にされ、メリット・デメリットを含めて判断していただければと思います。


Q:去勢手術すると、太りやすくなるって本当ですか?
A:肥満になりやすい傾向があります。
去勢手術後は体質やホルモンバランスが変わることにより肥満になりやすい傾向があるようです。去勢手術後は特に食事管理に気を付けてあげてください。運動量も自然と低下して、さらに太りやすくなってしまいます。
肥満になれば、内臓や足腰への負担も増え、いろんな病気になりやすくなります。なるべく一緒に遊ぶ機会を増やすなどして、運動量を増やすお手伝いをしてあげてください。
現在では、避妊手術を受けたワンちゃん用のお食事も発売されています。サンプルをお渡ししておりますので、一度お試しください。
※詳しくはニュータードケア(当院でも取り扱っております)をご覧ください。

前のページへ

ページのトップへ戻る

診療時間

月・火・木・金・土・日曜日
【午前】 9時〜 12時
【午後】 17時〜 20時30分

往診・手術時間 13時 〜16時まで
休診日・時間外も急患は随時受付いたします。まずはお電話ください。
ご相談やご予約等は診察時間内にお電話ください。

よくある質問 飼い主様の声 スタッフ紹介 ペットホテル&トリミング 求人案内 アニマルドッグ(定期健診)
アクセスマップを見る

〒514-0039 三重県津市押加部町11−3

  • 取り扱い保険はこちら
  • アニコム損害保険株式会社
  • ipet club
  • Allianz

三重県津市にあるルナ動物病院は、犬や猫はもちろん、フェレット、うさぎ、ハムスター、小鳥など、エキゾチックアニマルも診察できる病院です。伊勢市や松阪市からはもちろん、四日市市や鈴鹿市からの遠方の患者様も見えます。土曜、日曜日も夜の20時30分まで診察していますので、安心してご来院いただけます。〒514-0039 三重県津市押加部町11-3|059-222-5115