ペットの病気

HOME > ペットの病気 (フェレットさん) > 副腎疾患について

副腎疾患について

副腎疾患とは

副腎疾患について

様々な種類のホルモン作る副腎という臓器に異常が起こる病気のことです。ホルモンは全身の状態を調整してくれる大切な物質で、副腎がうまく機能しなくなると、全身に様々な障害を及ぼします。
フェレットさんの副腎疾患はその中でも、“性ホルモンが必要以上に作られてしまう”ということが特徴です。性ホルモンは発情をコントロールするホルモンです。フェレットさんが副腎疾患によって性ホルモン過剰になると、発情と同じような症状が現れます。もちろん、避妊・去勢手術済みのフェレットさん達ですから、本当に発情しているわけではありません。

性ホルモンには、いわゆる「女性ホルモン」と「男性ホルモン」がありますが、どちらが過剰になるかはそのフェレットさんによって異なります。一般には、性別に関わらず、女性ホルモンである「エストロゲン」が過剰になるケースが多いとされています。
触診や血液検査、超音波検査などをして総合的に判断します。

副腎疾患の症状

副腎疾患が起こると、「貧血」「排尿障害(おしっこが出にくくなります)」「脱毛」「外陰部の腫れ(女の子)」などの症状が現れることがあります。
外陰部の腫れや貧血は特に女の子に多く、排尿障害は特に男の子に多く、脱毛に関しては女の子・男の子を問わず現れる症状です。

中には検査で副腎に異常が確認されても、症状が現れないケースもあります。副腎疾患は早期に発見し、早期に治療を始めることでうまく付き合っていけるケースも少なくありません。

上記のような症状や気になることがあればお早めにご来院ください。
なお、若いフェレットさんの中にはしっぽだけが脱毛をしまう場合がありますが、副腎疾患ではないケースが多いといわれています。

副腎疾患の治療

副腎疾患の治療には、内科療法・外科療法があります。手術を適応できる条件を満たしている場合は、基本的に外科手術により副腎を摘出します。

手術が適応可能であるかどうかを判定する基準としては…
・若いフェレットさん(できれば5歳位まで)
・健康状態がよい(事前に血液検査などにより、全身状態を調べます)
・インスリノーマ、リンパ腫、心筋症などを併発していないこと

などがあります。

なお、インスリノーマに関しては、軽度の場合は副腎疾患の外科療法時に併せて摘出することも検討します。手術が不適応であるかどうかを判定する基準としては…
・高齢のフェレットさん
・健康状態が芳しくない
・インスリノーマ、リンパ腫、心筋症などを併発していて状態がよくない
・すでに片側の副腎を摘出済み
・飼い主様が手術を希望されない

その場合は内科療法を選択します。

内科治療では月に1回ホルモンの注射(リュープリン)を行います。内科治療により副腎疾患の症状を軽減することができます。ホルモン療法の注射は1 回目から効果がでることもありますが、数回の注射の後ようやく効果がでる子、何度接種しても効果の薄いフェレットさんも存在します。

内科的治療は、もともとの原因である腫瘍化した副腎を取り除いたわけではないので、たとえ効果が得られても、将来的にはやがて治療が追いつかなくなる可能性が高いです。
副腎腫瘍は抗ガン剤などの投与によって腫瘍を退縮させることができないため、外科的摘出によって腫瘍を取り除かない限り、完治はありえません。

副腎疾患と付き合っていく上でのお約束

○内科治療を自己判断で減らしたり止めたりしない
副腎疾患の内科療法を行った際に一番効果を実感していただきやすいのは、脱毛していた子が注射を数回接種することで発毛する可能性が高いことです。副腎疾患の症状の中でも、見た目にわかりやすいこともあり、「最近毛が薄くなりました」と来院されることが多く、副腎疾患を発見するきっかけになりやすいのですが、内科療法により、発毛した姿をご覧になって「もう大丈夫!」と治療を中止される場合があります。副腎疾患は脱毛する病気ではありません。外見上の症状が改善されたからといって、副腎疾患が改善された訳ではありません。内科療法では副腎疾患の完治は望めません。

○定期健診を受けましょう。
特に内科療法を選択された場合は、副腎腫瘍の大きさの測定をするなどの定期的な健康診断をおすすめします。リュープリンによって外見上の症状がほぼ改善しても、腫瘍が大きくなっている場合もあります。また、片方の腫瘍を摘出する手術を受けられた場合も、もう片方の副腎に異常がないかなどの定期的な健康診断をおすすめします。

前のページへ

ページのトップへ戻る

診療時間

月・火・木・金・土・日曜日
【午前】 9時〜 12時
【午後】 17時〜 20時30分

往診・手術時間 13時 〜16時まで
休診日・時間外も急患は随時受付いたします。まずはお電話ください。
ご相談やご予約等は診察時間内にお電話ください。

よくある質問 飼い主様の声 スタッフ紹介 ペットホテル&トリミング 求人案内 アニマルドッグ(定期健診)
アクセスマップを見る

〒514-0039 三重県津市押加部町11−3

  • 取り扱い保険はこちら
  • アニコム損害保険株式会社
  • ipet club
  • Allianz

三重県津市にあるルナ動物病院は、犬や猫はもちろん、フェレット、うさぎ、ハムスター、小鳥など、エキゾチックアニマルも診察できる病院です。伊勢市や松阪市からはもちろん、四日市市や鈴鹿市からの遠方の患者様も見えます。土曜、日曜日も夜の20時30分まで診察していますので、安心してご来院いただけます。〒514-0039 三重県津市押加部町11-3|059-222-5115